伊豆ヒルクライム

ごあいさつ


伊豆スカイライン国際ヒルクライムのホームページへようこそ!

 2020東京オリンピック・パラリンピックの自転車競技の開催が伊豆・ベロドロームに決定したことを受け、静岡県が掲げる「サイクリストの聖地」の地位を確立するためには、伊豆地域でサイクルイベントを立ち上げ成功させることが重要であると認識しました。
 昨年より、開催に向けた検討を進めておりましたが、時期尚早と一度は断念し掛けておりました。しかしオリンピック開催前に「イベント開催を」と思い続けておりました。
 今年度に入り、静岡県・東部市町の協力のもと実行委員会を設立し「伊豆スカイライン国際ヒルクライム」開催に向けて、地道な活動をしてまいりました。その中で、多くの皆様の賛同とご協力により、いよいよ開催が実現したものであります。お力添えいただいた皆様には本当に感謝を申し上げます。
 伊豆スカイライン国際ヒルクライムは、ベロドロームを起点とし、伊豆スカイラインを競技の場として設定しております。会場となる伊豆スカイラインは、雄大な富士山と駿河湾・相模湾の眺望がすばらしい自動車専用道であり、通常では自転車でこの景色を眺めながら走行することが出来ません。またコースとしては、斜度があまりきつくなく、上級者はもちろん初心者でも美しい富士山を見ながら景色とレースを楽しめると思われます。
 富士・箱根・伊豆地域には、三島スカイウォークや世界遺産の韮山反射炉をはじめ、多くの観光名所があります。また、温泉地も豊富で海の幸・山の幸も自信をもってお勧めできます。今年の4月「伊豆ジオパーク」がユネスコから認定を受けました。まだまだ、皆様の知らない観光資源が豊富にあります。国内はもとより世界各国からご参加くださるサイクリストの皆様に、伊豆の魅力を満喫して頂けるように、伊豆地域の市町を超えた力を結集し、努力してまいります。
 最後になりますが、今大会の開催に関わるボランティアや関係各所の皆様には、多大なるご尽力をいただき、本当に感謝しております。この大会が、今後とも末永く盛大になって行く事を祈念いたしまして、あいさつに代えさせて頂きます。

 
実行委員長 大貫隆弘